外壁へ導入する

外壁へ太陽光発電を導入する場合に考えられるのが、屋根への設置ができない場合に行われます。傾斜の角度がうまくいかない、スペースがないといった場合も考えられます。ほかに、外壁へ導入することで、企業イメージをアップしたいなどといった希望も寄せられているようです。最近では、フラットだけでなく、曲線に対応した外壁の太陽光発電も開発されているために、ビルなどにも適用されていくものと思われます。

ただし、外壁の場合には、隣のビルの壁との間がないと、日当たりが悪くて、効率よく発電できないといった問題が出てきます。どんなに最近の外壁材を当てたとしても意味のないものになってしまいます。あくまでも、日当たりのいい外壁への対応とするのが前提になります。

最近では、ビルの一棟に外壁材をあてることで、大規模な発電ができるようです。ビル一棟分の電気使用料は、たいへんな金額ですが、太陽光発電により少しでも経済的な期待ができるのであれば、それに越したことはないでしょう。しかも、かなりの二酸化炭素の削減にもつながるので、家庭だけでなく企業のこうした努力で、ますます省エネ化が実現できるものと思われます。

これからの新築高層マンションやオフィスビル、複合施設においても、外壁に太陽光発電を用いる企業が増加することが見込まれています。

一方、既存のビルでも軽量でなおかつ、局面にも対応した改修が行われています。発注先にもよりますが、大方はオーダーメイドになると思うので、さまざまな条件に合わせた対応をしてもらえることと思います。たとえば、ビルのデザインにあった仕様やサイズなどに考慮しながら施工が行われることと思います。

外壁に使用される種類としては、シリコンパネルが使われていますが、結晶シリコンパネルやアモルファスシリコンなどが使われています。従来のものよりも軽くて使い勝手がよくなっています。さらに、こうしたシリコンタイプのものから、有機物半導体としての有機太陽電池などが浮上してきています。コストが高かったシリコンタイプのものから、使える電力への変換能力が高い、有機太陽電池が使われようとしています。

こうしたように屋根だけでなく、太陽光を取り入れるために、外壁、屋上などといった、あらゆる角度からのシステム導入が考えられています。コストダウンできる素材がこれからも、どんどん開発されていくことが期待されています。

↓ 施工業者探しなら以下のランキング利用が効率的 ↓

利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 株式会社グッドフェローズ 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 230企業以上 株式会社アイデアマン 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 太陽光発電ドットコム株式会社 詳細