補助金はどれくらい貰えるの?

太陽光発電を設置するにあたり、そのシステム導入において、どうしても問題になるのが初期費用です。一般家庭の必要な容量は、3kWといわれていますが、その場合、1kWあたり55万円という基準であることから165万円が初期費用になります。使用量の多い場合で5kWの家庭であれば、なんと275万円程度の出費が必要になります。将来的には回収できるといっても、やはり高額な初期費用であることには違いがないようです。

そこで、この初期費用を少しでも抑えるための対策として、国や各自治体で補助金制度が設けられています。国、都道府県、市町村といった3本柱での補助金制度ですが、うまくいけば、3機関からの補助を受けることができます。一方、各自治体により、住んでいる地域ごとに、補助金が受けられないところもあるようです。この補助金については、全国共通とはいえず、それぞれの地域での確認をとることがポイントです。

太陽光発電における補助金の利用で、少しでも経済的なコストダウンにつながることが期待されています。そして、この補助金制度があることで、多少なりとも、太陽光発電に切り替えたいと思っている人が増えていることも確かです。

さて、この太陽光発電における補助金ですが、2012年は、1kWあたり55万円以下が対象になります。仮に太陽光発電の導入費用が、1kWあたり70万円の場合には、この制度が利用できないので注意が必要です。あくまでも、システム導入価格と工事費を含めて、1kWあたり55万円以下が対象になるので、そうした対応をしてくれる販売施工会社をあたるのがいいでしょう。

ちなみに、2010年度は65万円以下、2011年は60万円以下の場合に限り適用されていました。このように、適用基準が年度たびに変わるようですので、補助金を申請するときには、あらかじめ確認をすることが重要です。

太陽光発電のシステム導入には、かなりの費用が必要とされていますが、メリットもあります。自家発電により光熱費を抑えることができますし、あまった電気を電力会社に売ることもできます。あまったら売れるという意識があることで、さらに節電効果があるといわれているので、太陽光発電の利用は、結果的には地球の環境にはいい結果をもたらしているといってもいいのかも知れません。また、太陽光発電のシステム導入が、一人一人が地球温暖化対策に貢献しているということになるので、みんなで協力しあっているという意識が加われば、いっそうの補助金対策のはげみにもなることでしょう。

↓ 施工業者探しなら以下のランキング利用が効率的 ↓

利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 株式会社グッドフェローズ 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 230企業以上 株式会社アイデアマン 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 太陽光発電ドットコム株式会社 詳細