電気を売ろう!

従来であれば電力会社に電気を売るといったことなど誰も考えなかったと思いますが、現在では、太陽光発電から発生する余剰電力を、電力会社に売ることができる売電システムが確立されています。

基本的には、昼間の発電しやすい時間帯に太陽光を取り入れ、夜間には、電力が安い電力会社から購入する買電システムにより、効率的に光熱費をコストダウンさせることができます。日中の発電により売電できる金額と、夜間に使用した安い購入電力の差額で、利益を出すことができるのです。

たとえば、昼間お勤めしている人であれば、日中、電力を使用することはありません。同時に、昼間に多くの電力を発電するために、余剰電力が出てきます。この余剰電力は、自動的に電力会社に流れます。一方、会社から帰宅後には、太陽光発電は発電しませんから、電力会社から夜間の安い電力を購入します。

これらの計算は、導入システムに組み込まれているために、とくに難しい計算をする必要がありません。あらかじめ、電力会社と契約をする必要がありますが、その際には、売電による金額が指定の口座に振り込まれるしくみになっています。電力を節約することで、売電システムにより口座に入金されることから、多くの人の節電を促すとされているので、ますますの太陽光発電によるエコ化が期待されています。

ここで太陽光売電による、誤解しやすいことをご紹介します。そもそも太陽光発電は、電池機能と違い、発電をするシステムなので電気を貯めることができません。昼間にどんなに発電しても、ストックできないために、自動で売電システムが働きます。太陽光発電により、ためて電力を使用すると思われている人が多いようですが、使いきりをする感覚で覚えておくといいと思います。その代わり、あまった電力は電力会社が買い取ってくれるので、最近では、太陽光発電システムを導入しようという企業や家庭が増えてきているようです。

さて、太陽光発電は、初期費用が高額なために、回収するのに10年以上かかるといわれていますが、太陽光発電システムの本体は、故障でもない限り、20年程度は持つといわれているので、長い目でみれば、光熱費の節約が期待できるとされています。

うまく昼間の発電と夜間の使用量を工夫することで、毎月、光熱費が黒字になることもありえない話ではありません。さらに、こうした利益計算もシステムが自動で行ってくれるので、初期費用さえクリアできれば、利用者にとってはこのうえなく便利で経済的な、太陽光発電システムであるといえるでしょう。

↓ 施工業者探しなら以下のランキング利用が効率的 ↓

利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 株式会社グッドフェローズ 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 230企業以上 株式会社アイデアマン 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 太陽光発電ドットコム株式会社 詳細