屋根へ導入する

あらかじめ太陽光発電を備えた新築住宅であれば、とくに何をするということはありません。すでに、設置されているためにその使い方のレクチャーを受けたりすることで用が足ります。

しかし、既存の住宅に太陽光発電を設置する場合には、さまざまなカウンセリングや設計、施工がかかわってきます。それは、それぞれの住宅により、屋根の形状や耐久性が違うために、個々の診断をすることが求められるからです。

まずは、屋根のスペースがどれくらいあるかを診断します。一般住宅で、3kWの容量を使用すると過程した場合、太陽光発電のパネルを設置するにも、およそ、20〜30平方メートルのスペースが必要です。また、重量も350kg前後とかなりの重さがあるために、古い木造の築年数が経っている場合には、設置ができないといったケースも出てくるようです。あるいは、住宅を補強してから設置するといった方法も考えられます。しかし、ただでさえ太陽光発電システムの導入の初期費用が高額であるうえに、補強工事が必要となれば、かなりの出費がかさむことを覚悟しなければなりません。

あまりにコストがかかりすぎると、そこまでして太陽光発電システムを導入しなければならないのかといった疑問も出てきます。そうした場合には、臨機応変に対応するのが望ましいでしょう。次に新築するときまで待つなどの方法もあります。

もしも、既存の住宅に太陽光発電を設置するのであれば、正確で綿密な準備を施工会社にしてもらいましょう。単に取り付けるだけの簡単にみえる施工ですが、実は細かい配慮が必要なのです。屋根のスペースとその形状、屋根の傾斜や日当たりなどでも、施工方法が変わってきます。日射量をいかに少しでも多く取れるようにするかが、太陽光発電のポイントでもあるために、施工においての出来具合が、その後の発電にも影響されるのです。それだけに、施工会社は慎重に選ぶ必要があるようです。

基本的には、屋根への太陽光発電の仕組みは同じです。しかし、太陽光発電のメーカーにより、商品の素材や品質、機能、そして、施工方法などの違いがあるために、どういう品質の太陽光発電がいいのかを、あらかじめ調べておくのがいいでしょう。メーカーのそれぞれの特徴を知ったうえで、施工会社に依頼するのがいいと思います。

太陽光発電を利用することで、クリーンエネルギーを導入することになるので、今話題のエコ化にも取り組んでいることになります。なんだか未来の進んだライフスタイルを満喫できるようで、きっと明るい気持ちになることでしょう。

↓ 施工業者探しなら以下のランキング利用が効率的 ↓

利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 株式会社グッドフェローズ 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 230企業以上 株式会社アイデアマン 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 太陽光発電ドットコム株式会社 詳細