仕組みはどうなっているの?

ソーラーシステムという言葉はすでに、世間一般で知られている言葉です。いずれも太陽の力をかりてエネルギーを作り出しています。しかし、このエネルギーには2つの種類があり、ひとつは太陽の熱を利用した「太陽熱温水器」が、一世を風靡した時期がありました。もうひとつは、現在でも主流である太陽の光を利用した太陽光発電があります。太陽の光を電気に変えることで、企業や家庭での光熱費の削減に貢献しています。

そもそも電気は、光をつくりますが、逆に光で電気をつくることができます。その原理を応用したものが太陽光発電といってもいいのかも知れません。

その太陽光発電ですが、役割を大きく分けるとすれば、太陽光パネルとパワーコンディショナー、そしてモニターに分けることができます。このほかにもリモコン、接続箱、メーターといった機器が必要ですが、メインとしては、上記の3種類が主要になります。

その太陽光パネルは、電池のように電気を貯めるものと思われがちですが、太陽光を電気に変える役割をしています。ここまでは、直流の電気を発電していることになりますが、家庭用の電気は交流ですので、電気を直流から交流に変換する機器が、パワーコンディショナーということになります。家庭内に電力がまわるように設定され、あまったものは電力会社に流されます。そして家庭内で確認することができるモニターも大事な太陽光発電を使いこなすうえでは、大事なポイントです。使った電気の消費量をグラフにしてビジュアルで確認できるので、メインの機器に入れています。

「電気を作る」ことから「電気を交流に変換する」そして、「電気の使用量を確認する」といった役割を、太陽光パネル、パワーコンディショナー、そしてモニターが担っているのです。

よく勘違いされやすいのが、ソーラーパネル電池といわれているために、電池の役割をするものと思われている人もいます。しかし、太陽光発電システムは、電気を貯めるのではなく、太陽光で電気を作り出す、発電機と覚えておくといいかも知れません。そのため、日中に太陽光発電により電気を多くつくり、売電へと促し、一方、夜間は電気代が安くなるので、電力会社から購入することでその差額が、コスト削減へとつながります。家計へも地球環境にもやさしい循環がつくられればベストでしょう。

太陽光発電は、費用のかからない太陽光から作られることから、開発によりもっともっと、コスト削減をしながら、より多くの人に利用されるようになることになることが期待されています。

↓ 施工業者探しなら以下のランキング利用が効率的 ↓

利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 株式会社グッドフェローズ 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 230企業以上 株式会社アイデアマン 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 太陽光発電ドットコム株式会社 詳細