デメリットを知ろう

太陽光発電は、一昔まえであれば、システム導入後の初期費用が高いことで、一般家庭にあまり浸透しませんでした。しかし、ここにきて国や自治体からの補助金が復活したこともあり、少しずつではありますが、太陽光発電がいま、注目を浴びるようになってきました。また、発電して使わずにあまった自家発電の電力を、電力会社に買い取ってもらうシステムも出来上がっているために、初期コストの回収期間が10年程度になったと言われています。

しかし、そうした太陽光発電にもデメリットがあります。たとえば、一つ目は、自家発電した電気を買い取ってもらえるシステムがありますが、それはあくまでも、家庭であまった残りの電力が対象になります。自家発電したらそれをすべて買い取ってもらえるわけではないので、初期費用の回収を電気の販売でと思っているのであれば、こうした点を頭に入れておきましょう。

次に二つ目は、太陽の自然な光エネルギーを供給源にしているために、曇りや雨の日には、発電が妨げられることがあげられます。また、日中の太陽が昇っている間にしか発電できないために1日24時間あっても、夜間の電力の発生は期待できません。そのため、いつでも安定した電力源にはならないために、自家発電での電力が足りなくなれば、電力会社から電力を買う必要が出てきます。こうしたように、一日のうちの時間帯によるもの、天候によるものに影響されやすいところが、太陽光発電のデメリットといえるでしょう。

三つ目は、自家発電により電気代を節約できる反面、その初期費用が大きいことが上げられます。よく車一台分の初期費用が必要といわれていますが、補助金をもってしても、かなりの金額になることは間違いないようです。もしも初期費用を抑えたいのであれば、1kw当たり50万円〜60万円の導入コストが相場のために、ワット数を下げることで、初期費用を抑えることもできます。しかし、それでも大金であることには違いありません。もしも、キャッシュではなく、ローンで太陽光発電を購入する場合には、初期費用の回収期間が延びることも予想されます。

太陽光発電には、上記のようなデメリットがありますが、太陽光を使用したエネルギーのため、地球上の天然資源が底をつくようなことはないので、それだけでも私たちが住む地球環境を救っていると言ってもいいでしょう。原子力発電に代わる新しいエネルギーとしての、いっそうの開発を期待することで、環境破壊というリスクからの脱却が可能になるでしょう。

↓ 施工業者探しなら以下のランキング利用が効率的 ↓

利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 株式会社グッドフェローズ 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 230企業以上 株式会社アイデアマン 詳細
利用料金 参加企業数 会社名 申込み
無料 130企業以上 太陽光発電ドットコム株式会社 詳細